アドセンスのみ1記事で30万円!?私の作成する記事のコスパが圧倒的に高い理由

null

どうも。
とみーこと冨岡です。

先日、

アドセンス100万円超えで意識した3つのポイント

という記事を執筆しましたところ、
多くの人に読んでもらえました。

たくさんの感想までいだだけまして・・・。

ありがとうございます!




まだ読んでないという場合はこちらからどうぞ。

>> アドセンスのみで単月100万円超えるために意識した3つのポイント




ざっくり復習すると、ここで言っている大事なポイントは以下の3点。

  • キーワードの先にある検索する人の気持ちをひたすら意識した
  • どうやったら安定した数の記事を世に出せるか考えた
  • 広告効果の最適化をひたすら追求した

  • ただ、実はこれは順番になっており、

      1.まずはアクセスを集める記事を書けるようになろう。
      2.量産しよう。その方法をちゃんと考えよう。
      3.集まったアクセスの収益性をアップしよう。

    という構成になっています。

    なので、これから

    アクセスを集める記事を書けるようになりたい・・・!

    という人にとって重要なのは一番最初の項目。

    つまり、キーワードですね。

    私もかつて、これを意識してなかったが故に、
    1000記事書いても全然アクセスが来ない。

    しかも、記事を書くのを止めるとアクセスがなくなる
    という悲しい思いをしたことがあります。

    ところが!

    キーワードを意識するようになってからはこのとおり。

    こちらは1記事でのアクセス推移です。

    null

    たった1記事で70万以上のPVを集められるようになっています。

    ちなみに、この記事の文字数は1100文字ちょっと。
    執筆時間は2時間ほどです。

    2時間の作業で30万円以上をゲット!

    ・・・・・・おいしくないですか?|・ω・)

    と、いうことで!

    今回は、一番最初に意識したい「キーワード」について、
    少し掘り下げてお話しをしていきたいと思います。

    トレンド性と安定性


    先日メールでこのようなお問合せをいただきました。

    現在、トレンドブログを運営していますが、
    記事の更新の手を止めると途端にアクセスが下がります。

    もう少し安定して運営したいなと悩んでいるところです。


    まさにこれは、初期のころの私が悩んだ内容と同じでした。

    検索の需要があるキーワードを探す。
    そしてそのキーワードで記事を書く。

    たしかに、それで検索の上位にくればアクセスは来ます。

    しかし、上位表示させるキーワードがもつ属性で、
    どのようにアクセスがくるかが変わってくるのです。

    私のブログ記事での事例をみてましょう。


    例えば。

    こちらは年に1回需要があるイベントについて書いた記事のアクセスです。
    何か日付を見るとネタがバレバレって気もしますが・・・。

    null

    確かに1日4万PVと見た目は派手。
    うまくいったぜー!って感じはします。


    対して。

    こちらは年中検索需要があるキーワードで執筆した記事のアクセスです。

    null

    1日1,000PVもない地味なアクセスですが、これが365日毎日アクセスがあると~。

    実は先ほどの1日4万PV集める年に1回のイベントの記事より、何倍も収益性は高くなってくるのです。

    キーワードの需要と傾向


    キーワードの検索需要と傾向はGoogleトレンドというツールを使えば可視化できます。

    >> Googleトレンド


    試しに何かキーワードを入れてみましょう。

    でもそんなの関係ねぇ

    null

    2007年8月をピークに、現在はほとんど検索需要がない感じですね。

    ・・・がんばってください!


    ちょっとネタが古かったのでもう少し新しいものを。。

    パズドラ

    null

    徐々に下がってきてしまっていますね。

    今からパズドラブログをやるっていうのはちょっと厳しそうです。

    けっこうこの検索需要リサーチは、
    サービスの人気を図るのにも使えます。


    では、こういうのはどうでしょう。

    年金

    null

    この通り、ここ10年でみても安定して検索の需要がありますね。

    ちなみに年金はただの事例です。
    他にも年中検索需要があるキーワードは腐るほどあります。

    ネタを明かしてしまえば簡単です。

    なぜ私が安定してアクセスを集めているのかというと、

    年中検索の需要があるキーワードで上位表示し続けているから


    です。

    ・・・・・・・

    でも、ちょっと待ってください!

    そうはいっても、では「年金」で上位表示できるか、というと、

    ・・・無理ですよね。

    はい。
    私もでも無理です。
    (^^;


    では、次にどうやってアクセスを集めればよいのでしょうか。

    需要を絞り込め!ニッチなワードでトップを獲る!


    答えは簡単です。
    ライバルを減らせばよいのです。

    具体的な方法をいうと、キーワードの検索需要を絞り込みます。

    年金の単ワードで検索1位を獲るのは無理ですよね。
    でも、こういったキーワードならどうでしょう。

  • 年金 学生 免除 手続き 期限
  • 退職後 年金 保険 税金
  • 年金 税金天引き 確定申告で戻る

  • これならなんかちょっとイケそうな気がしてきませんか?

    まぁ、この辺は年金の知識があるかどうかもかかわってくるので例としては微妙ですが、ポイントはキーワードを絞り込んでるが故に、検索している人の知りたいことが明確というところですね。

    こういったキーワードを

  • 絞り込み検索

  • または

  • 複合キーワード

  • と言います。

    あなたが何かを知りたくて検索する時に、
    知りたい情報がヒットしないことってありますよね。

    そしたら次に何をするかというと、
    2語目にさらに具体的なキーワードを入れます。

    2語目でもヒットしなければ3語目を入れます。

    ブログが強くない時にやっておくべきなのは、

    ニッチな絞り込んだ3語以上の複合キーワードでの上位表示を目指す


    ということですね。
    (^^ゞ

    これを積み重ねていくと、記事の内容さえ検索意図にしっかり沿っていればGoogleさんがあなたの記事を評価してくれるようになります。

    そうすると自然に検索エンジンの上位に表示されるようになります。

    検索エンジンの上位に表示されれば、記事が読まれるようになるので、

  • あなたのブログでユーザーの滞在時間が伸びる
  • 良い記事であれば自然な被リンクがもらえる
  • Googleの検索ロボットがあなたのブログにたどり着きやすくなる

  • など好循環を生んでいき、どんどんアクセスが増えるようになります。

    どんどんブログが見られるようになれば、
    ブログのドメイン評価も高まっていきます。

    そうすると、

    3語で上位表示されてたキーワードが2語でも1位に!
    2語で1位を獲れていたキーワードが1語でも1位に!

    ということが現実的に起こってきます。


    なので、最初のうちに意識すべきポイントは

    3語以上の複合キーワードで検索意図を満たした記事を書く!


    これですね。

    まとめ


    ということで、今回はキーワードを意識して記事を書くことについて、もう少し深堀した内容についてお話しました。

    ポイントは以下の3つ

  • 絶えず検索の需要があるキーワードで記事を書く
  • キーワードの需要の傾向やボリュームをリサーチする
  • 3語以上の複合キーワードで検索意図を満たした記事を書く

  • ただがむしゃらに記事を更新するだけでは、なかなか大きなアクセスを安定して得るのは難しいです。

    最初の内は私もとにかく思いつくものをなんでも記事にしたりしていました。
    が、ずっと記事を書き続けるというのはなかなかにしんどいと思ったんですね。
    (^^;

    なので、一度記事を書けば安定してアクセスが得られるような方法にシフトしていきました。

    もちろんやり方は人それぞれだとは思います。

    ただ、こと検索からの流入によるアクセスについていえば、やはり相手(Google)がどんな目的で存在していて、何をユーザーに提供しようとしていて、どんな傾向があるのか。

    これを知っておいたり、勉強したりすることは、絶対に有益なことかと思います。


    自分が発信したいことを好きに書くのもまた一つのやり方です。

    でも、そこに、

  • 求められている情報の傾向
  • 求められている需要の規模感
  • 伝えたい情報と検索需要のマッチング

  • などを加味することで、より効率的にアクセスを集められるようになります。

    ぜひ今回の記事を参考に「キーワード」というものの重要性面白さにふれていただけましたら幸いです。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    著者プロフィール

    漫画とゲームが大好きな、なかなか大人になれない36歳。
    父親と母親、ともに教師の家の次男として生まれ平和に育つ。

    20代後半に社会の洗礼を受け、毎月残業80時間を超す(残業代は出ない)
    ブラックなネット広告代理店にてネット関連のプロモーション業務に従事。

    30歳の時、結婚と転職を機に、もっと人間らしい生活と、
    嫁と家族の幸せを求めて独自でインターネットビジネスを始める。

    現在は平和な職場環境の元、副業としてネットビジネスを展開し、
    インターネットを活用して複数の収益源を確保することに成功。

    自身のビジネスを拡大させながら、そこで得た秘訣や、
    会社に頼らず、自身の能力で稼ぐ方法をメルマガで配信中。

    配信しているメルマガの内容はコチラ
    ネットビジネスが初めての人向け、セミナー音声もプレゼント中です。

    理不尽なことがと嘘が嫌いで、建設的なことやお話が好きです。
    おすすめの漫画は「ヴィンランド・サガ」と「ぽっかぽか」です。

    null



    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

    こちらの記事を読んで思ったことや、疑問点などありましたら、コメント欄からの投稿も歓迎します。↓

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ