初めてアフィリエイトサイトを作る時のコツ!ここだけは押さえておきたい3つのポイントとは?

こんにちは。とみーです。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年早々、かつ唐突ですが、
今日は、初めてアフィリエイトサイトを作る時のコツや、
おすすめのやり方についてのお話です。

null

と、いっても別に難しいお話ではないのですよ。

最初に答えを言ってしまうと実に簡単なこと。

作ってて自分が楽しいサイトを作るべし。


たったコレだけです。

な~んでかっていうと~・・・・

読者は広告をクリックしない


コレだけ情報が世にあふれていると、読者は広告をクリックしないんです。

どういうことかっていうと、アフィリエイトって、どちらかというと売り込みですよね。



たとえば、Aという商品がASPに登録されていたとします。

ASPの管理画面を見れば、Aという商品の特徴やセールスポイント、素材なんかは全部手に入れることができます。

    「この商品のメリットはね・・・」
    「他の製品より優れている点はね・・・」
    「今までの商品はこうだったけど、ウチのは違うんです!」

などなど。

で、馬鹿正直にソレを読者に提供したところで・・・・。

アナタだったら買いますか?という話。

たとえば、電気屋さんで、

「○○回線に登録すると今ならキャンペーンで!」という呼び込みや、
「今ならピザを取りに来てくれればもう一枚で!」というチラシなど、

普通に生活していてもさまざまな売り込みが世にあふれています。

想像してみてください。

たった今、あなたはインターネットを乗り換えますか?
たった今、ピザを食べたいですか?

と聞かれたら、答えは「NO!」ですよね。

いきなり「今」言われても、

「は?(´・▽・`)」

って感じです。
(^^;


逆に、「じゃあ、いつならそのサービスを利用するの?」

と聞かれたら、

引越しのタイミングなら回線探すなぁ」とか、
クリスマスや忘年会の時期なら会社でピザを頼むかなぁ」とか、

タイミングとか、シチュエーションによっては、
利用しないこともないですよね。

そうすると、作るべきサイトや記事は明白ですよね。

インターネットの申し込みであれば、

→ 引越しを検討する人が必要とする情報があるサイト

ピザのキャンペーンであれば、

→ 会社の年末シーズンにパーティの幹事を任された人に向けてのお役立ち情報

などなど。


つまりみんな「製品」を探しているのではなく、

自分が特定のシチュエーションに陥ったとき

初めて情報を自分から探しに行く行動をとるわけです。

われわれは、まさにその時、手助けとなる(役に立つ)情報を用意して、

「よろしければこんなものもありますよ」

程度で「そっ」っと用意してあげれば、
おのずとコンバージョンの確率は高まるわけです。


読者がひたすらクリックしないという生き物なのは変わらない。

でも、困ったときの手助けとなるような情報に、
アフィリエイトリンクが混じっていれば、
コンバージョンの確率はただの売り込みより飛躍的に高まります。

買ってもらう、登録してもらうより先に、

「ああ、おかげ様で助かったよ」

を用意しないと、読者は行動してくれないわけですね~。

好きこそものの上手なれ


そういう前提がありまして、本題に入らせていただきます。

じゃあ次にどんなアフィリエイトサイトを作ればいいんだっちゅう話です。

何も気にしないで始めようとした場合に、

  • せっかくやるなら高単価のもの!

  • 需要が多くあるからこれを狙う!


  • という思考に陥ってしまうという

    具体的に言えば、FXとか、クレカの登録とかですね。

    日本にどれだけアフィリエイターがいるのか知りませんが、
    おいしい案件は、凄腕アフィリエイターがすでにこぞって実践&占有済みです。

    しかも、長い年月と膨大なお金をつぎ込んで。

    ためしに、

    「クレジットカード おすすめ」

    とかで検索してみてください。

    ていうか、こちらで検索しちゃいました。(笑)

    null

    もう、検索結果の上から下まで、よく作りこまれたアフィリエイトサイトでぎっしりです。

    しかも、2016年の元旦に検索しているのに、
    検索の2位と3位はすでに2016年版です。(笑)



    10年前ならいざしらず、「今からがんばります!」って人が、
    参入したところで、なかなか成果がでずに玉砕するのが目に浮かびます。


    じゃあどうしたらよいのかというと、ここでのポイントは2つ。

  • ニッチに攻める

  • 自分の好きなこと・ものを選ぶ


  • ニッチに攻める

    ニッチに攻めるというのは、これはキーワードの選定にも共通するのですが、

    「可能な限り絞込みを行う」

    ということです。


    たとえば、クレジットカードであれば、

      「クレジットカード おすすめ」

    などの競合ひしめくところを狙うのではなく、

      「クレジットカード 審査 学生 通りやすい 甘い 」

    など、学生の人でも審査がとおりやすい上に、審査が甘いクレジットカードの会社についてとことんピックアップして紹介する。

    など、より絞込みまくって、ソレ専用のコンテンツを用意する、などですね。

    この場合、クレジットカードの情報だけを紹介するのではなく、お金がない学生にとって有益な情報をてんこ盛りに用意します。

    ・学生をやってる際にお金を節約する方法
    ・交通費すら出すのがキツイ場合にコストを下げる方法

    などの情報もよいでしょう。

    まぁ、これは極端な例ですが、ただ単に「クレジットカードおすすめ」よりはだいぶ成約の角度は高まると思います。

    やったことないのでわかりませんし、クレカのアフィ自体おすすめもしませんが。(笑)

    自分の好きなこと・ものを軸にテーマを選ぶ

    で、もう一つのポイントが、

    自分の好きなこと・ものを選ぶ


    ということ。


    これがすごい大事です。

    というのも、基本的に人間、

    やってて楽しくないことは長続きしない

    ということなんですね。
    (^^;


    どんなに高単価の案件が走っていたとしても、
    作業自体が苦痛だったら、そんなに長く続くはずがないのです。


    「こんなにがんばって作業しているんだから売れて欲しい!」

    と、毎日がんばって作業をしているのに、
    売ろうとすればするほど、お客さんは逃げていきます


    じゃあどうすればいいのさ!


    「売らなきゃ収益がでないのに売ろうとするなってどういうことさ!」

    ってなってしまうと思いますが、答えは簡単。

    楽しめばいいのです。


    たとえば、ここでちょっと読むのを止めて、思いめぐらせて見てください。

  • あなたが今、はまっていることはなんですか?

  • 他の人より、ちょっとでもいいから詳しいことってなんですか?

  • 昔、夢に見ていたことは何ですか?やりたかったことはなんですか?


  • まず、自分が興味があること好きなことを掘り下げて考えてみましょう。

    自分の好きなことであれば、いくらでも書くこと・書きたいことがありますよね?



    それが見つかったら、次に、

    自分を一読者として考えた場合に何が知りたいかを考えてみる


    ということをやってみましょう。


    これは、実際に紙に書いてみるといいです。
    なんでもいいからどんどん書いてみましょう。

    すでに自分が知っていることだとしても、

  • こんな情報があったら知りたい

  • こんなことが疑問に浮かぶ

  • なんでここがこうなっているんだろう?こうだったらいいのに

  • もしもこんな場合、どうすればいいだろう?


  • いろいろ出てくると思います。

    とにかく出します。
    出しまくります。
    100個くらい出します。

    「出尽くしたな」

    と思ったら、こんどはそれぞれの疑問に対して、

    私だったらどんなキーワードでこのことを検索するかな


    を考えます。


    キーワードが浮かびあがってきたら、
    そのキーワードを軸にした記事を書いていきます。

    どんどん書いていきます。

    え?でも広告はどうするの?


    ここでふと疑問に思うかもしれませんね。

    え?じゃあ、利益はどうやってだすの?


    えーと、これはコンテンツがたまってアクセスが増えてきたら、
    ASPから探して、読者にマッチするものを貼ってください。(笑)

    どうしてもなかったら、Googleのアドセンスでも貼っておきましょう。


    大切なのは、アフィリエイトサイトを作るときには、

    広告主側(売りたい)に立つのではなく、読者側(知りたい)に立つこと。



    「広告を貼っておけば誰かが買ってくれるかも」

    と考えていたら、絶対に売れません。


    唐突にかかってきた電話のセールスってウザいですよね。

    私だったら、

    「いや、今必要じゃないし、欲しいときは自分で探すし」

    と思ってしまいます。


    でも、何かが必要になったときに、

      実際にそのことに詳しい友達がウソもホントも赤裸々に教えてくれる人

    がいたら、まずその人をアテにして、意見を聞きたくなりますよね。

    あなたのアフィリエイトサイトは、この2つで言えば後者にならないとイカンのです。

    なので、

  • 単なる売込みのサイトはつまらない。

  • 用意した情報にどれくらいの信憑性・含蓄があるか。

  • 具体例・体験談があるか。


  • この辺がすごい重要になってきます。


    電気屋さんに行って、家電を買うときに、

    「今年の春に入社した新入生です!」

    って人よりも、

    「もう10年この分野専門でやってるスペシャリスト販売員です」

    って人の意見をききたいですよね。



    でも、アフィリエイトサイトを「これから始めます!」っていう人が、
    サイトを作った場合に、出来上がるのはたいてい上記の例でいう前者です。

    なので、この記事でもおすすめしているように、

    自分が好きなこと・ものでサイト作りを始める

    というのがおすすめなのです。


    そうすれば、少なくとも、

    「アナタにはこの商品がおすすめです。なぜならば~」

    という、売り込みだけのつまらないサイトにはならないでしょう。

    きっと、

    「もし、こうだったらいいのに」とか、
    「この時に、私が気になったのは○○なんですよ!」とか、

    薄っぺらでない、本質に迫った、読者(=あなた)の本音を引き出せますよね。

    まとめ


    ということで今回は、初心者がアフィリエイトサイトを作る時のコツやポイントについて紹介しました。

    アフィリエイトサイトを作ろう

    と思った場合に、まず何をしますか?


    おそらく、

    コレを売ろう!

    と、ASPの管理画面を見ながら、売るものや、販売の単価をみて、

    「いくつ売れたらいくらになって・・・」

    みたいなことを考えるかと思います。



    いやいやいやいや。

    もう皮算用はやめましょう。
    報酬を得ることも考えないようにしましょう。
    まずは、読者の気持ちを理解することから始めましょう。

    そのためには、自分がイチ読者に立ち返るのがおすすめです。

    「自分だったらどう思うか」
    「自分だったらどんな情報が欲しいと思うか」
    「自分だったらどんな情報があったらうれしいか」


    そして、自分の好きなことをテーマに選ぶということ。

    アフィリエイトで儲かりたいというのもわかりますが、
    それはいったん置いておきましょうよ。

    アドセンスでも十分に収益化はできますから。


    大切なのは、

  • まず最初に読者に必要とされる情報を提供できるようになること。

  • どんな情報ならアクセスが集められるのかの感覚をつかむこと。

  • キーワードに対する感度を上げること。

  • この3つです。



    無理をしても長続きしません。

    まずは、楽しくサイトを作って、ついでに収益も得ちゃいましょう。
    ASPの案件を売るのはその後でもよいと思います。



    楽しく作った一つ目のサイトがある程度収益化できたなら、
    次にアフィリエイトサイトを作る際もスムーズになると思います。

    だって、そのころには楽しんで作ったブログでアクセスが来ていて、
    収益も出ているので、もう初心者ではなくなっているのですから。

    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    著者プロフィール

    漫画とゲームが大好きな、なかなか大人になれない36歳。
    父親と母親、ともに教師の家の次男として生まれ平和に育つ。

    20代後半に社会の洗礼を受け、毎月残業80時間を超す(残業代は出ない)
    ブラックなネット広告代理店にてネット関連のプロモーション業務に従事。

    30歳の時、結婚と転職を機に、もっと人間らしい生活と、
    嫁と家族の幸せを求めて独自でインターネットビジネスを始める。

    現在は平和な職場環境の元、副業としてネットビジネスを展開し、
    インターネットを活用して複数の収益源を確保することに成功。

    自身のビジネスを拡大させながら、そこで得た秘訣や、
    会社に頼らず、自身の能力で稼ぐ方法をメルマガで配信中。

    配信しているメルマガの内容はコチラ
    ネットビジネスが初めての人向け、セミナー音声もプレゼント中です。

    理不尽なことがと嘘が嫌いで、建設的なことやお話が好きです。
    おすすめの漫画は「ヴィンランド・サガ」と「ぽっかぽか」です。

    null



    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

    こちらの記事を読んで思ったことや、疑問点などありましたら、コメント欄からの投稿も歓迎します。↓

    “初めてアフィリエイトサイトを作る時のコツ!ここだけは押さえておきたい3つのポイントとは?” への2件のフィードバック

    1. まねきねこ より:

      とみーさん
      私は、
      とみーさんのこの記事の反対をしていたと思います。
      まず、広告を見て、どのような記事を書くかと
      やっていたので続かなかったのですね。
      続かない理由も、これから続く理由もよくわかりました。
      これからは読者の立場に立ってどのように
      役立つかという視点にシフトして行動します。
      とても重要なポイントをありがとうございました。
      応援&また訪問させていただきます。
      今後ともよろしくお願い致します(^^♪

      • とみー より:

        まねきねこさん、こんにちは!

        コメントをいただきましてありがとうございます。

        >まず、広告を見て、どのような記事を書くかと
        >やっていたので続かなかったのですね。

        何も考えずに広告を眺めていると、

        「どれにしようかな。」
        「どれでもいいけどせっかくなら高単価のものにしようかな」

        ってなっちゃいますよねー。
        (^^;

        読者も「ネットを使っているだれか」ではなく、
        血の通った、悩みを持っている人なので、
        薄っぺらい情報だと、見抜かれてしまいます。

        自分で情報を探しに行った時も、

        「そこじゃないし。」とか、
        「なんか適当に書いてるなー、コレ」とか、

        思いますもんね。
        (´ー`A;)



        読者の立場に立つということは、同じ立ち位置に立つということ。

        何かを紹介する時や、売り込む場合などは、
        まずは自分でお金を払って体験したり、
        その結果どう思ったかなど情報に変換して、
        それを素直に伝えていくと良いと思います。

        まずは、まねきねこさんが何が好きなのかを深く掘り下げてみて、
        「誰かに伝えたい事」を探してみるのも面白いかもしれませんね。



        応援ありがとうございます。
        今後ともよろしくお願いします。
        m(_ _)m

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ