ブログのアクセス数を増やすコツ!もっとも単純なアクセスアップの方法とは?

こんにちは。とみーです。

今回は、ブログをもっている場合に、そこにアクセスがくることの条件
みたいな話なんですけど、ふと思うところがあったので記事にしてみました。

アクセスアップの条件と併せて、

記事作成の時に意識するべき4つのコツ


についても後の方で紹介していきます。
(^^ゞ

null

まず、アクセスを増やすための条件について、
結論から申し上げますと、

ある程度の記事数があれば何書いてもアクセスはくるんじゃね?

という話。



もちろん、効率よくアクセスを集める方法とか、
特定のキーワードで上位表示を云々、

なんてノウハウも巷(ちまた)にはわんさかでまわってます。

ただ、そういった方法を利用している人も、してない人も含めて、

なかなかアクセスがあつまらなーい!

と、ぼやいてる&悩んでる人にとって足りてないことって、

圧倒的に記事数(投下コンテンツ量)が足りていない


ということはほとんどなのではないかなー、と。



誤解を恐れずに言ってしまうと、

どんなブログであれ、ある程度の記事数(コンテンツ)をブログに投下すれば、
勝手にアクセスってあつまっちゃうんじゃないかと思います。




と、今回の記事を書くに至った理由としては、
千柿キロさんという方が運営されている、

千日ブログ

というブログを拝見したんですよ。



2009年に立ち上げて、「1000日更新する」という目的で
ブログを始められたようなのですが、すでに記事数は8000を超えています。

結果、何が起きたか。

右下にアクセスカウンターが置いてあるのですが、
すでに2000万を超えています。

200万じゃなくて、2000万ですよ!?

チリツモどころのお話ではないですよね。
(^^;

もしものべ人数に換算したら、日本の人口の6人に1人くらいが、
千柿さんのブログを訪れている計算だ。5年かけてですけど。

こういうのは尻上がりで増えていくので、
割ることにあまり意味はないのですが、
単純に5年で割っても、1年で400万です。

しかし、5年で8000記事というのは尋常じゃないですね・・・。

平均しても1日4記事を5年間。
スゲー。。。

ということで、「なかなかアクセスがこない~」とい人は、
まずは、1日1記事でも良いので、

継続してブログを更新すること


を目指してみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・

ただし、ブログを更新といっても、

「今日のゴハンは○○だったー」とか、
「もう仕事疲れたー」とか、
「今日の飲み会、楽しかったー!」とか、

意味のない情報を発信しても、アクセスは見込めません。



自分以外の誰かの役に立つもの

でないとダメなわけですね。



そこで、ブログを更新するにあたって、

アクセスを呼ぶために意識したい4つのこと

をまとめてみました。

1つ1つ、順番にチェックしてみましょう。

記事1つ1つにテーマを持つこと


基本的に、ブログというのは、

自分以外の誰か

が読むものです。

なので、ブログを読みに来た人にとって、
役に立つ情報でないと意味がありません。



じゃあどう書けばいいのさ!

っていうと、テーマを持つこと。



「この場合はこう」
「あの場合はこう」
「ところであの件についてはこう」

など、話があっちゃこっちゃいってしまうと、読者は、

結局何がいいたいねん!!

と、読む気も読む価値も薄れてしまいます。


なので、1つの記事で扱うテーマは1つにするべき。。

何か1つのことについて言及する

という必要があります。



それでも、話があっちゃこっちゃになってしまう場合の回避策としては、

  • 最初の書き出しで今回書くことのテーマを明示する

  • 最後にまとめの項目を作る


  • など心がけるといいですね。

    自分の思い・考え・経験を盛り込むこと


    あとありがちなのが、たんなる引用や、
    情報をひっぱってきて終わりにしてしまうケース。

    コピペは論外ですが、書いてある内容も、
    どっかで見たことがある内容ばかりだと、

    あー、はいはい、それな。

    で終わってしまいます。


    あくまで情報はソース(素材)
    その情報を調理するのはあなたです。



    なので、その引っ張ってきた情報を元に、

    「だからなんなんだ」
    「それでどう思ったんだ」
    「どうしたらいいんだ」

    など、自分の思いや意見、体験を盛り込むことで、
    ググッ↑」っとオリジナリティが増します。

    さらに言うと、文章に流れがあって、
    かつ論理的、それでいて説得力があると、なおGOODですね。

    かのGoogleさまの上位掲載判断基準も、

    どんな情報が書かれているか ⇒ 誰が書いた情報か

    に評価がシフトしていっているそうです。

    自身の専門性を高めよ!

    ということですね。

    「キーワード」を意識すること


    1つ目の「記事1つ1つにテーマを持つこと」でも触れましたが、

    どんなテーマの話をするのか

    が決まったら、「キーワード」を意識すると、
    検索エンジンからのさらなる流入が期待できるようになります。

    キーワードと言っても、特定のキーワードのみではなく、

    「その話題に関連していること」

    が大切です。



    例を出してみましょう。

    例えば、「節分」についての話をするなら、
    親和性の高いキーワードとして以下のようなものが挙げられます。


  • イワシ


  • 子供

  • 折り紙


  • 全般的に子供臭が強いですが、
    節分の時にいろいろな情報を調べる人といえば、

    「子供のために節分について何かを調べてる教育者

    って感じでしょうか。

    キーワードとその情報を必要としている読者がマッチしていると、

    「良い情報」

    になりやすいのです。




    もう1つ例を出してみましょう。

    超、適当ですがたとえば「ファミリーマート
    この場合に親和性の高いキーワードとしては、

  • チケット

  • スイーツ

  • atm

  • ラーメン

  • 宅急便


  • などが、「ファミリーマート」と親和性の高いキーワードとして挙げられます。



    「鶏が先か卵が先か」って話になってしまいますが、

    何かの情報をブログで書くときには、こういった関連性の高いキーワードを、
    記事タイトルや本文に盛り込むことで、
    ただ漠然とブログ記事を書くよりも、
    格段に早くアクセスをあつめられるようになります。

    言いたいことが伝わる「記事タイトル」をつけること


    最後に、ブログの「記事タイトル」についてのお話です。

    ブログ記事にとって、記事タイトルに書いてある内容は、
    もっとも重要な要素の1つです。




    またしても、事例を挙げてみましょう。

    少し抽象的になりますが、たとえば、

    教科書

    って言われても、

    ああ、いっぱいあるよね

    で終わってしまいますが、



    英語の教科書

    って、言われたら、

    あ、英語の勉強するための書物ね

    と、より具体的になります。



    さらに、

    中学2年生の英語の教科書

    って言われたら、それが誰のためのものかが、
    ただの「教科書」に比べてものすごい具体的になりますよね。



    ブログにとっての記事タイトルは、
    本屋さんに置いてある「本の題名」と同じくらい大事なもの



    たとえば、本屋さんに歴史のレポートを書くために、
    近代史の教本を探しにいったとします。

    その本屋さんに置いてあった本の題名が、

      俺独自のスベシャルな勉強法

    とかになっていたら、どんなにいい内容が書いてあっても、
    本を手に取ってすらもらえませんよね。

    「まず、【歴史】って文字をいれろよぉ!」

    って感じです。
    (^^;



    では、これならどうでしょう?

      【歴史・近代史】年代別でわかりやすい!1900年代前半に起きた2回の世界大戦が起きた理由とその影響

    むむっ。

    こちらのほうが、なんだか近代史のレポートを書くのに役立ちそうですよね。



    これは、ウェブでも同じことが言えて、

    ウェブ上であなたのブログが露出するのは、
    主に「記事タイトル」と「その記事へのリンク」です。

    この記事タイトルを読者がみて、

    この記事に何が書いてあるのか

    がぱっと見でわからないと、先ほどの本屋さんの本と同様、
    手に取って(リンクを踏んで記事を読みに来てくれる)ももらえません。



    逆に、ちょっと気になる見出しであれば、

    どんなことが書かれているんだろう~

    と、思わず見に行きたくなりますよね。



    ウェブでもリアルでも、「見出し」はとっても大事な要素のうちの1つなのです。

    まとめ


    今回は、

  • ブログのアクセス数を増やす根本的な方法

  • 効率よくブログのアクセスアップができる4つのコツ

  • について紹介しました。

    根本的な方法について、もしアクセスが少ないな、という場合は、

    圧倒的に記事数(更新頻度)が足りない

    ということが考えられます。



    しかし、できれば少ない記事すうで多くのアクセスを呼びたいもの。

    そんな場合のポイントとなるのが以下の4点ですね。

  • 記事1つ1つにテーマを持つこと

  • 自分の思い・考え・経験を盛り込むこと

  • 「キーワード」を意識すること

  • 言いたいことが伝わる「記事タイトル」をつけること


  • この4つを意識して情報をブログの記事をたくさん更新すれば、
    アクセスが来ないなんてことはあり得ないと思います。(断言)

    今回は以上となります。

    アクセスアップの方法とは!? ⇒ たくさん記事を書こう

    という出オチからの、具体的な方法4点で、
    何かちょっとでも「ほほう・・・!」と思っていただける部分があったなら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    著者プロフィール

    漫画とゲームが大好きな、なかなか大人になれない36歳。
    父親と母親、ともに教師の家の次男として生まれ平和に育つ。

    20代後半に社会の洗礼を受け、毎月残業80時間を超す(残業代は出ない)
    ブラックなネット広告代理店にてネット関連のプロモーション業務に従事。

    30歳の時、結婚と転職を機に、もっと人間らしい生活と、
    嫁と家族の幸せを求めて独自でインターネットビジネスを始める。

    現在は平和な職場環境の元、副業としてネットビジネスを展開し、
    インターネットを活用して複数の収益源を確保することに成功。

    自身のビジネスを拡大させながら、そこで得た秘訣や、
    会社に頼らず、自身の能力で稼ぐ方法をメルマガで配信中。

    配信しているメルマガの内容はコチラ
    ネットビジネスが初めての人向け、セミナー音声もプレゼント中です。

    理不尽なことがと嘘が嫌いで、建設的なことやお話が好きです。
    おすすめの漫画は「ヴィンランド・サガ」と「ぽっかぽか」です。

    null



    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

    こちらの記事を読んで思ったことや、疑問点などありましたら、コメント欄からの投稿も歓迎します。↓

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ