Googleアドセンスの審査を受けよう!一次審査の方法をイチからチェック!

Googleアドセンス広告で収入を得るためには、Googleの審査を受る必要があります。一番最初に受ける審査は一次審査と言われており、これにパスしないとGoogleアドセンス広告を掲載することはできません。

そしてGoogleアドセンスは、ブログなどに広告枠を提供し、広告がクリックされると広告収入が入る仕組みです。普通のアフィリエイトだと、購入や成約があって初めて収入が入ります。

    一般のアフィリエイト

    サイト訪問(アクセス) → 広告クリック → 購入(または登録など) → 報酬発生

ところが、Googleアドセンス(以下、アドセンス)の場合は、広告をクリックした時点で報酬が発生します。

    Googleアドセンス

    サイト訪問(アクセス) → 広告クリック → 報酬発生

アドセンス広告は、ブログの場所を提供するだけでマネタイズが可能な、初心者向きの広告と言えるでしょう。

今回の記事では、まずGoogleアドセンス広告を貼るために必須の、アカウント開設方法と一次審査についてまとめました

アドセンスのアカウント開設方法の動画





アドセンスの審査を受ける前に


アドセンス審査を受ける前に、アカウント開設には二つのものが必要になります。

1.Googleアカウント

2.審査用のブログ

ひとつずつみていきましょう。

1.Googleアカウント

「Googleアカウント」と言われると、「え?何それ?」と思ってしまうかもしれませんが、これはGmailアドレスのことです。

アドセンスのアカウントを開設するためには、Googleのアカウントが必要になります。アカウントを持ってない場合は、先にGmailアドレスを取得しましょう。

Googleにはアドセンス以外にも、さまざまな便利なサービスがあります。普段Gmailを使っている場合でも、新たにビジネス用のアカウントを1つ所得しておきましょう。

Gmailの取得方法については、こちらの記事をご参照ください。

>> Gmailの作成方法と簡単な使い方


2.審査用のブログ

次に必要なのが、Googleに「このブログに広告を貼りたいんです。」と申請するための審査用ブログです。

2016年の夏以降、アドセンスの審査がかなり厳しくなりました。

それ以前は、無料ブログなどで10記事ほど日記を書いてあればよかったのですが、現在ではかなりしっかり書かないと審査に通らなくなってきています。

審査に通すためのブログの作り方を以下にまとめました。

アドセンス審査用ブログの作り方

  • 独自ドメインのWordPressブログを用意する
  • 日付をずらして各記事1500文字以上、かつ30記事以上投稿する
  • 基本的に画像は使用しない
  • Amazon/楽天やASPなどの広告は一切貼らない
  • アドセンスのコンテンツガイドラインに沿った内容の記事で作成する

  • 最期の項目、アドセンスのコンテンツガイドラインについて、少し補足をします。

    アドセンスは収益化が容易な反面、一度ペナルティを課されてしまうと解除するがかなり難しいです。せっかく稼いだアドセンス収益が失われるだけでなく、ひどい場合はアカウント停止となり、復旧できなくなる場合もあります。

    多いのがアドセンスが定めているポリシーの違反ですね。

    一言にまとめてしまうと、反社会的な内容がNGなのですが、具体例を挙げると以下のようなものがあります。

      アドセンスポリシー違反の一例

    • 成人向けコンテンツ
    • 暴力的なコンテンツ
    • 差別的な発言
    • アルコール飲料やたばこの販売

    などなど。

    Googleは世界中で展開しているグローバル企業なので、肌の露出が多い写真や、著作権に抵触するコンテンツなどは特に注意しましょう。

    詳しくはGoogleのホームページよりチェックしておきましょう。

    >> AdSense プログラム ポリシー (コンテンツ ガイドライン部分をチェック)

    さて、審査用のブログも用意できて、Googleのルールも理解したら、いよいよアドセンスアカウントの開設です。

    アドセンスの審査の受け方と一次審査について


    Gmailアカウントが用意できたら、Googleクローム(ブラウザ)で用意したGmailにログインします。

    Googleのアカウントは最期にログインした履歴がブラウザに記録されています。複数のGmailアドレスを持っている場合は、事前にログアウトしておくか、アドセンスを申請するアドレスでログインしなおしておくようにしましょう。

    その後、「アドセンス」とGoogle検索するか、以下のリンクからアドセンスのサイトにとびます。

    >> オンライン ビジネス – ウェブサイトの収益化 | Google AdSense 

    そうすると、以下のようなページが出ます。

    null

    真ん中あたりに「お申込みはこちら」の緑色のボタンがあるのでこちらをクリックします。

    すでにGoogleアカウントにログインしているので、

      お客様は現在、○○としてログインしています。このアカウントを使用してAdsenseにお申込みなさいますか?

    というメッセージがでてきます。

    問題なければ、左側の「はい」をクリックします。

    null

    アカウントの確認が済んだら、次にアカウント申請に使うブログのURLを入力します。コンテンツの言語については「日本語」を選択しましょう。

    null

    次に必要な情報を入力していきます。

      申請に必要な情報

    • タイムゾーン
    • 郵便番号
    • 住所
    • 連絡先
    • 電話番号
    • AdSenseを知ったきっかけ

    これらの情報を正確に入力します。

    間違いがあると、申請が通らなかったり、後で報酬が支払われなかったりする恐れがあるので、情報は正確に入力し、何度も見直すようにしましょう。

    入力がが完了したら、一番下の青いボダン「お申込みを送信」をクリックします。

    null

    電話番号を聞かれたら、所有している電話番号を入力しましょう。
    +81 の後に携帯電話の番号を入力すればOKです。

    null

    ショートメッセージサービスでも受け取れますが、通話でも確認コードを受け取れます。
    通話の場合、すぐに電話がかかってくるので、ペンとメモを用意してから確認コード送信ボタンを押すようにしましょう。

    送られてきた確認コードを入力すると、アドセンスの利用規約画面が出てきます。内容をチェックして、左下の青い同意ボタンをクリックします。

    null

    ここまで手続きが完了すると、実際の審査に入ります。審査は一週間以内に完了し、早ければ数日で審査の結果が登録したメールアドレスに送られてきます。

    null
    審査に出してから一週間以上たってもGoogleから音沙汰がない場合は、以下の審査確認状況から連絡してみましょう。

    >> Googleアドセンス 審査状況確認フォーム 


    審査が通ったらいよいよ広告の設置です。

    アドセンス広告の設置方法については、こちらの記事をご参照ください。

    >> アドセンスブログ一次審査通過!広告の貼り方と二次審査について 

    今回は以上となります。
    最期までお読みいただきましてありがとうございました。

    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    著者プロフィール

    漫画とゲームが大好きな、なかなか大人になれない36歳。
    父親と母親、ともに教師の家の次男として生まれ平和に育つ。

    20代後半に社会の洗礼を受け、毎月残業80時間を超す(残業代は出ない)
    ブラックなネット広告代理店にてネット関連のプロモーション業務に従事。

    30歳の時、結婚と転職を機に、もっと人間らしい生活と、
    嫁と家族の幸せを求めて独自でインターネットビジネスを始める。

    現在は平和な職場環境の元、副業としてネットビジネスを展開し、
    インターネットを活用して複数の収益源を確保することに成功。

    自身のビジネスを拡大させながら、そこで得た秘訣や、
    会社に頼らず、自身の能力で稼ぐ方法をメルマガで配信中。

    配信しているメルマガの内容はコチラ
    ネットビジネスが初めての人向け、セミナー音声もプレゼント中です。

    理不尽なことがと嘘が嫌いで、建設的なことやお話が好きです。
    おすすめの漫画は「ヴィンランド・サガ」と「ぽっかぽか」です。

    null



    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

    こちらの記事を読んで思ったことや、疑問点などありましたら、コメント欄からの投稿も歓迎します。↓

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ