Googleアナリティクスのフィルタ設定方法!IPを指定して自分のアクセスを除外する

こんにちは!とみーです。

Googleアナリティクスを使っていると、

「え!?こんなにアクセス来るはずないよ~、ブログ作ったばかりだし。」

という経験、ありませんか?

その理由の1つとして、ブログの管理画面にアクセスする、
自分がカウントされている、というケースがあります。

せっかく、アクセスがじわじわ増えるのを楽しんでるのに、
これらのノイズがあると正確なアクセス数が把握できずイヤですよね(^^;

ということで、今回は、Googleアナリティクスで、
特定の条件のアクセスを除外する、フィルターの使い方について紹介します。

それではさっそくみていきましょう。

Googleアナリティクスで自分のアクセスにフィルターをかける


まずGoogleアナリティクスの管理画面を開いて、
ヘッダーメニューにある、

アナリティクス設定

をクリックします。

3カラムになっていて、左から

  • アカウント

  • プロパティ

  • ビュー


  • とありますので、この一番左「アカウント」の
    「すべてのフィルタ」をクリックします。

    null

    赤い「新しいフィルタ」ボタンがあるのでこれをクリックします。

    null

    最初にフィルタ名を入力します。
    自分を除外」などわかりやすければ何でも良いです。

    次に、振りたの種類を選択します。
    以下のように選択しましょう。


    定義済みの中からプルダウンで、

    左:除外
    中:IPアドレスからのトラフィック
    右:等しい

    を選択します。

    null

    フィルタの種類を選択したら、
    その下に自分自身が使っているIPアドレスを入力します。

    自分のIPアドレスがわからない場合は、
    こちらで調べてコピー&ペーストすればOKです。

    null

    あとは、その下にある「使用可能なビュー」から、
    自分が制限したいサイトやブログを選択して、右のボックスに追加します。

    まぁ、全部選択しておけばよいでしょう。

    設定が完了したら、左下にある青いボタン「保存」をポチッと押せば完了です。

    まとめ


    今回は、Googleアナリティクスのフィルタ設定方法として、
    IPを指定して自分や特定の人を除外する方法を紹介しました。

    アクセスが増えてくれば、この辺は誤差になるものの、
    最初の内は結構気になっちゃいますよね。

    今回の方法で設定して、なるべく正確なアクセスを
    見るようにしていただければと思います。

    記事を外注さんにお願いしている場合も、
    同じ方法でIPを教えてもらって設定もできますよ。

    ただし、この方法は固定IPアドレスを
    取得してる場合に限りますので、ご注意くださいね(^^

    今回は以上です。

    参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ

    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    著者プロフィール

    漫画とゲームが大好きな、なかなか大人になれない36歳。
    父親と母親、ともに教師の家の次男として生まれ平和に育つ。

    20代後半に社会の洗礼を受け、毎月残業80時間を超す(残業代は出ない)
    ブラックなネット広告代理店にてネット関連のプロモーション業務に従事。

    30歳の時、結婚と転職を機に、もっと人間らしい生活と、
    嫁と家族の幸せを求めて独自でインターネットビジネスを始める。

    現在は平和な職場環境の元、副業としてネットビジネスを展開し、
    インターネットを活用して複数の収益源を確保することに成功。

    自身のビジネスを拡大させながら、そこで得た秘訣や、
    会社に頼らず、自身の能力で稼ぐ方法をメルマガで配信中。

    配信しているメルマガの内容はコチラ
    ネットビジネスが初めての人向け、セミナー音声もプレゼント中です。

    理不尽なことがと嘘が嫌いで、建設的なことやお話が好きです。
    おすすめの漫画は「ヴィンランド・サガ」と「ぽっかぽか」です。

    null



    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

    こちらの記事を読んで思ったことや、疑問点などありましたら、コメント欄からの投稿も歓迎します。↓

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ